上野真理/ (株)アルモ設計〒107-8502東京都港区赤坂6-5-30KIビルmail: ueno@armo.co.jp     http://mari.fool.jp/

HYBRID-PERSPECTIVE

CGと手描きのミックス。両方の良いトコ取りをするのですが、制作時間は短いものから長いものまで、ケースによってまちまちです。

普通の完成予想図として制作すると、かえって時間がかかりますが、それだけに説得力のある、他には無い魅力を持った作品になります。

設計者が作ったSketchUpデータの書き出しを工夫して、写真と手描きも加えて制作。2014年作
最近気に入っている表現です。手で描いた「甘さ」を写真が助けてくれます。2008年作

T大学コンペ。学生生活に入り込んだ気持ちで添景を描きました。

建物はCGチームが基本的に制作。レタッチからが私の担当。****年作

よくあるガラスの四角い建築物を「絵」として仕上げられるようになりたく、習作しました。2006年作

 

建物が手描き、周囲は写真、というハイブリッド。****年作

  ベースは手描き、仕上げはフォトショップ、というハイブリッド。。2008年作

 

ベースとなる建物をFormZでモデリング・レンダリングし、水彩紙に出力。ハイブリッド初期の作品。****年作

  かなり手描き要素の強いハイブリッド。ベースができたらあとは色パターンに応えられるようフォトショで着彩。こんな強い色は、水彩では怖くてできません。ガラス感も。2008年作