上野真理/ (株)アルモ設計〒107-8502東京都港区赤坂6-5-30KIビル/mail: ueno@armo.co.jp    http://mari.fool.jp/

CG

設計検証から施主プレゼン、パンフレットまで、用途の広い表現です。
プレゼングループのメンバーで取り組みます。
WEBには主に私が制作したかなり前の作品しか載せられませんので、詳しくはお問い合わせください。
設計者ご自身が作ったCGを「レタッチで見栄え良くしてくれない?」等のご相談にも応じます。

 

モデリングから自分でやりました。低彩度のパースをかっこよく作ってみたかったのですが、微妙な事で暗くなったり明るくなったり。勉強になりました。2008年作
ブライダル広告のイラストを多数担当しましたが、ほとんど私は最終レタッチと制作管理担当。この絵はモデリング以外全て担当。よし白く、より明るく、より夢見チックに。きらきら連作の集大成です。****年作 住宅とホテル。大胆なアングルに挑戦してみました。****年作
基本的なデータ(モデル、ベースとなる背景、添景)はニシヤマ氏のもの。案違いのパースを担当しました。同じ背景写真などを使ったのに、空から光から、かなり個性が違いました。****年作 エントランスのCG。モデリングなど基本データをもらい、アングルから担当。ここでは、レタッチでガラスの質感にこがわりました。****年作
モデリングは平井氏。たまにはちゃんとレンダリングから仕上げまでやろう、と挑んだもの。わかりやすくはっきりした表現をしました。グリーンのガラスが結構気に入っています。****年作 モデリングは越前谷氏。「一緒に『JARA大賞』に出そうよ」と、まだ経験の浅い彼に声をかけました。入選。2005年作

これはずいぶん長いお付き合いとなった作品です。設計者であるS氏・O氏はとても繊細で、出力では再現できない細かい所の質感を要求しますが、納得のいく作品を作る彼らが大好きです。

最初は全部自分で起こして完成させました。この後竣工までのCG協力thanks:平井克重 2003年作

左の建物のエントランス付近です。半外部空間は、難しいけれど作り甲斐のあるものでした。2002年作

最初のCGからだいぶデザイン検討を重ねました。初期のガラスの表現と比べると、CGとしてはだいぶ進歩したと思います。協力:ワタナベヨシナオ 2003年作

元々はコンペ時に描いたハイブリッドパースを、設計変更を機にCGでやり直しました。協力:ワタナベヨシナオ 2003年作